×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

早く、安く、安全に引越するための業者選びとは

不要品の処分方法

引越時のいらないものは捨てる場合がほとんどですが、実は、リサイクルやオークションで売れる場合もあります。

 

リサイクルで引き取ってもらえる物としては、比較的新しいものならOKです。逆に、使っていなくても年数が経ったものは難しいです。また、子供用品として、ベビーラック等は可能なケースが多いようです。
大人の衣類でもブランド物ならそこそこの値段で引き取ってもらえます。

まず、リサイクルショップでは何を買取しているかを事前に調べてから、合致するものを出しましょう。金額は安いですが、量によっては数千円の金額になります。

 

また、オークションでは、多少古くても使っていないものなら落札される確立が高いようです。ゲームやゲームソフト、おもちゃ、飾り物などを出品してみるのも良いでしょう。ただし、オークションの場合は、商品の写真が必要となりますし、出品してから落札、入金、発送と意外に手間がかかります。引越までの期間に余裕のある方や、逆に、引越後にさばくという方法もあります。

 

その他、売れそうにも無いものはゴミとして処分しますが、引越業者によっては、少量なら無料で引き取ってくれるケースもあります。また、不用品処分をトラック1台分の費用を計上することで可能な場合もありますので、引越業者に問い合わせてみるのも良いでしょう。

 

しかし、引越前に処分しておくのが原則なので、大型ゴミとしてご自分で処分したり、燃えないゴミの日にせっせと出すのが良いようです。但し、引越に関するゴミは別途に処分する条例があるケースもありますので、事前に調べておくと良いでしょう。

 

例えば、木製のタンスなどは大型ゴミで処分すると、1000円程度の費用が必要ですね。そんな時、ノコとトンカチを使って、バラバラに解体後、少しづつ燃えるゴミの日に出すという方法もあります。